東京・埼玉の就業規則の作成・見直しは,東京就業規則センターにお任せください!【運営事務所:東京・港区アリスト社労士事務所】

退職金規程作成

当センター制度を導入する目的をはっきりさせた上で、会社に最適な制度をご提案します!

 

【こんな悩みはありませんか】

 

東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】退職金の負担が重い、将来赤字になる、廃止したい
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】2012年に税制適格退職年金(適年)廃止にともない、別の制度へ移行しなければならない
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】優秀な従業員を確保したい
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】退職金制度を導入したいが、どうすればいいかわからない
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】大事な顧客を退職者に奪われない工夫がしたい
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】機密情報や顧客情報の漏洩などを防ぎたい
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】従業員が引継ぎもせずに急に退職して困っている
東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】貢献してくれた従業員には老後資金を確保したい

 

 

【当センターの退職金に関する問題点とご提案する退職金制度】

 

・退職金制度は、法律で導入を義務づけられていません。
しかし、いったん退職金規定として定めた場合は、会社が赤字になろうとも支払う義務が生じます。
長期雇用や忠誠心を促す上で、退職金制度は有効な制度です。
・将来の会社の負担を最小限に抑えながら、従業員の労働条件を向上させる制度を提案します
退職金制度においても、「貢献してくれた人に多く払いたい」というのが経営者のホンネだと思います。
そんな思いを取り入れ、実績にあわせて増減できる制度をおすすめします。
・基本給に連動しない「ポイント制退職金」は、貢献にあわせて差をつけることが容易です

 

当センターは、退職金制度の目的によって制度が決まってきます。何のために導入・変更するのかをヒヤリングした上で制度を決定、設計していきます。
ただし、法令で、正当な理由なく退職金制度を不利益に変更することは認められません。
法律をふまえながら、「会社を守る」方法をご提案します 。

 

東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】

対応エリア

東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【東京】東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【埼玉】埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【神奈川】神奈川県
川崎市、横浜市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【千葉】千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就業規則作成(簡易型) 料金プランのご案内 センター案内 お問合せ