東京・埼玉の就業規則の作成・見直しは,東京就業規則センターにお任せください!【運営事務所:東京・港区アリスト社労士事務所】

1週間単位の非定型的変形労働時間制

 1週間単位の非定型的変形労働時間制

1週間単位の非定型的変形労働時間制 とは、規模30人未満の小売業、旅館、料理・飲食店の事業において、 労使協定により、1週間単位で毎日の労働時間を弾力的に定めることができる制度です。

 

1週間単位の非定型的変形労働時間制を採用するには

1.労使協定を締結することにより、1週間の労働時間が40時間(特例措置事業も同じ) 以下になるように定め、かつ、この時間を超えて労働させた場合には、割増賃金を支払う旨を定めること。
2..労使協定を所定の様式(労働基準法施行規則様式第5号)により、所轄の労働基準監督署長に届出ることが必要です。

 

労働時間の上限

1日の労働時間の上限は、10時間です。

 

残業の算定方法

1.働者に対する通知により所定労働時間が8時間を超える日については、その所定労働時間を超えた時間、所定労働時間が8時間以内の日については8時間を超えた時間。
2.1週間については、40時間を超えた時間(ただし、(1)で時間外労働となる部分は除きます)。

 

東京就業規則センター【東京・港区のアリスト社労士事務所】

対応エリア

東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【東京】東京都
港区、品川区、中央区、千代田区、渋谷区、新宿区、豊島区、北区、荒川区、 世田谷区、大田区、文京区、足立区、江東区、台東区、江戸川区、板橋区、 練馬区、墨田区、中野区、杉並区、目黒区、葛飾区、 三鷹市、武蔵野市、東久留米市、小金井市、小平市、国分寺市、調布市、 狛江市、西東京市、清瀬市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【埼玉】埼玉県
川口市、さいたま市、伊奈町、戸田市、蕨市、草加市、越谷市、春日部市、 上尾市、蓮田市、桶川市、和光市、新座市、朝霞市、所沢市、川越市、三芳町、ふじみ野市、富士見市、志木市、鶴ヶ島市、三郷市、八潮市、吉川市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【神奈川】神奈川県
川崎市、横浜市 など
東京・港区の行政書士,アリスト社労士行政書士事務所【千葉】千葉県
浦安市、船橋市、市川市、松戸市、柏市、流山市  など

ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 就業規則作成(簡易型) 料金プランのご案内 センター案内 お問合せ